プロフィール

さや

  • Author:さや
  • 考えてるようで考えてない
    考えてないようで色々考えてる
    楽しかったり退屈だったり
    それでも毎日しっかりすぎちゃって
    そんなことを
    私というフィルター通してみようか

最近の記事+コメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

 
 クリックして行った先でいくつかぽちぽち押すだけで企業が1円寄付。ぜひ協力を。

星が見える名言集100

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたく

我が家に戻ってきました

先週面接を受けた後、なんと翌日仕事の社会人3人を含めた友人達と新橋でオールをし
始発で実家に帰り
と戯れながらのーんびりすごし

自分の中のテンポがすっごくゆっくりになって
さびしくてたまらなかった気持ちも
落ちたであろう面接試験も
すっかり記憶の中から薄れてゆきました

おかげで今再び一人の世界に帰ってきても
積極的にそれを打開するちからを取り戻しました(笑)

今週中くらいは、のんびり自分のペースで研究室に行こうと思います
皆夏休みとっててほとんど研究室に人いないしね(笑)


の少人数しかいない研究室が好きです
やっぱり1、2人が相手の会話でないと苦手みたい

さっきまで一人の先輩と2時間くらい話してて
めっちゃおもしろかった

問題は、話しすぎて先輩を足止めしてしまったかもしれないということだ

・・・明日から夏休みにして実家に帰られるそうなので、体力的負担にはなっていないと信じたい

さて。
今からやっと研究作業を始めます

明日は昼を研究室で食べると約束しているので、それまでに来ればよし


絵文字を入れるとカワイイけど、面倒だ



閉じた世界で丸くなって
海の中みたいにゆらゆらただよってた
すごく穏やかな一方で
その崩壊を恐れてた
私を守る境界線がなくなって
閉じた世界がなくなって
新しい世界が見えてきた
あまりのまぶしさに目が霞むけれど
閉じる前の
大きな世界での
自分とその他の距離を思い出した
閉じた世界から零れ落ちる何かを恐れるよりも
開けた世界で手を伸ばせば得られる何かを感じている方が
空をみながら歩いていける
私はきっと
誰かが手を伸ばしたときに
いつでもその手を取れる存在でいたいのだ
スポンサーサイト

コメント

さやか~☆
大好きv-238(笑

まりv-352
照れるじゃないかv-398

私も大好きよーv-278

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://walkingroad.blog5.fc2.com/tb.php/291-a8b734c0

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。